国保の判定検診を受信して胃の再検査を行いました。

今年の10月に国保の判定検診を個人病院で受診しました。疾患数字は例年のごとく度数か所ありました。

限定医からは、とっとと診査をしたり、薬を服用することも弱いが料理の補充のツボを改善したり、有酸素運動を積極的に入れるみたい指摘がありました。

全体的な発達結果を2か月後の診査でもう一度確認をして今後の対処を考えますとの事でした。ただし、気になるところがアクセントあります、と言われました。

それは、前年受けた人間ドックの診査結果って医者の主張規格でした。前年までの健在来院は厚生医院でワンデイの毎日人間ドックを受診していました。

今回診察後々を変更するに当たり、前回の診査結果を参照までに持参して見て貰っていました。その規格は、胃のドア四方に突起やるケ所があり厚生医院での主張では,癌化の可能性ありと書いてありました。

本当はこういう診査結果って主張につきましては、一昨年の内容といったまるで同じで書かれた絵もテキストも写した様におんなじ賜物でした。

現実、自分としては胃の違和感等の自覚症状は一向に無く約2ご時世経過していますがまだ胃は丈夫ですと会話をしました。しかし、教官が気になるようでしたら胃カメラで診査を通じてください、といった伝えました。

こういう医院では胃カメラの備品はありませんので別の医院を紹介して頂き診査をすることにしました。1週間後の診査でその日に結果のレビューを受けました。

心配していたところはなんにも問題なく全体的にも癌の発症はありませんでした。だが、胃カメラで撮影したところで気になるところがありました。

胃の稚拙部分がひだ状に荒れていて、ピロリ菌がいる可能性があるとの事でした。もっと、最初の医院に舞い戻り、胃カメラの診査結果って医者の明かしを伝えました。

血を採血してピロリ菌の診査をすることにしました。採血を通じて1週間後に診査結果の検討に行きました。結果は診査テンポ(円滑数字)最大限潤沢で判別は不合格でした。

服用で殺菌をすることになりました。7日間、朝食帰路といった夕飯後の毎日2回服用だ。現在は5日光瞳で、空席2日間服用します。服用帰路、4週間を置いて便を採取して検便を行います。

ピロリ菌が無事に殺菌されたかどうかは翌年1月中には頷ける意向だ。殺菌が出来ていることを願います。http://inamori-academy.jp/